登山初心者向けおすすめ - 中部 - 夕森天然公園

トップ > 中部地区 > 夕森天然公園

長野県 夕森天然公園(ゆうもりてんねんこうえん) 1560m 2001/07/21

登山初心者向けおすすめ 長野夕森天然公園

【期間】

2001/07/21(土)

【歩行時間】

6時間35分

【場所】

長野県 夕森天然公園(1560m) 粒栗ルート
標高差約650m
夕森天然公園周辺の宿泊

【天候】

【人員】

管理人

【装備】

30Lザック、コンバーチブルパンツ、ポロシャツ、レインウェア、帽子、ストック、 登山靴、手袋、デジカメ(Li乾電池)、紅茶0.5L、双眼鏡、ナイフ、シルバコンパス、コッヘル、ストーブ、 非常セット、水0.8L、カップラーメン1、アンパン1、予備食、ヘッドランプ

【行程】

最近仕事が忙しく、山の物色不足であり、景色の良い中でも安全なエリアに行くことにする。
人が多そうに思っていたが、朝早くは少なく、先発は2台のみであった。


07/21
05:00 | 自宅発
06:30 | 粒栗駐車場着
06:55 | 入山
08:30 | 不動岩展望台
08:57 | 箱渕上部 〜09:17小休止
09:27 | 林道出合
10:05 | 林道終点
10:30 | 夕森天然公園 〜11:15大休止
11:26 | 林道終点
11:55 | 林道出合
12:10 | 箱渕
12:30 | 天河滝
13:30 | 粒栗駐車場

地図 ( 大 )


夏休み2日目の今日はどこも大変な人手だろうと予想していたが、中央道はかなり車が少なく、 時々視界に他車が見えなくなるくらいだ。


田立の滝周辺のキャンプ場はよさそうだったが、オートキャンプ可のためオートでない人は利用しづらい。


粒栗駐車場は20台くらい止めれるようで、一人200円の利用料が必要。


長野夕森天然公園山頂 長野夕森天然公園滝 最近は長距離を歩いていないため、本日頂上まで行くかどうかは体力次第というつもりで歩き始める。


歩き始めてすぐに小さな滝が見られる。
この先ずっと大小さまざまな滝が連続して出現し、すべて見ているとかなり時間を消費する。


登り途中では、天河滝にて1グループに出会ったが、朝早いためか他人がほとんどいない。


天気もよく下界はかなり暑いはずだが、このコースでは気温18℃程度ととても涼しい ( とはいっても 歩いていれば暑いが )。


不動岩展望台は結構な高度感で、福岡英彦山展望台と同じくらいか?



長野夕森天然公園滝 長野夕森天然公園滝


長野夕森天然公園滑 長野夕森天然公園箱渕 箱渕上部で中間食休憩する。
このコースは木道/木段が多く思ったより足の筋力を消費している。歩くのが久しぶりなためかもしれない。 この箱渕上部を過ぎると一気に谷を登り、林道に飛び出す。


林道では直射日光にさらされ、暑さを思い知らされる。

歩くのが嫌に感じるが、先ほど見た道標に「天然公園には高層湿原がある」とあり、これを心の支えに行く。


林道終点からは笹を分けていかなければならず、藪漕ぎに近い状態だ。
足元は相変わらず木道で安全だが、藪のためステップの確認がしづらい。

長野夕森天然公園湿原 10分ほど行くと湿地帯に出るが、広さはさほどなく、写真1枚に収まるほどの大きさだ。

ここから更に5分ほどで山頂につく。


山頂自体は樹木に囲まれているが、展望台が設置されており、中央アルプス北部が一望できる。
今日はアルプスの山頂はガスの中でほとんど見えない。

山頂には木陰も少なく、クソ暑いのにカップラーメンを食べる。 夏場の昼食を工夫する必要を強く 感じる。

飲み物は、この時点で500mL消費しており、最終的に本日は1Lほとんどを消費してしまった。


下山は往路を戻る。
登りではほとんど他人を見かけなかったが、次々と登山者がやってくる。
みな元気そうに見え、ひょっとして自分の方が登るのが遅いのではないだろうか?

滝周辺の水場では、子供たちが泳ぎに来ていた。その他大勢の人が見物に来ていた。


次々と現れる滝や滑床はどれもすばらしい景観で、これだけを見にもっとゆっくり登りたいと思うような 場所であった。

天然公園の山頂まで登ることには、特にこだわる必要はないだろう。


PR Copyright 2006 © 登山初心者向けおすすめ