登山初心者向けおすすめ - 九州 - 涌蓋山

トップ > 九州地区 > 英彦山

大分県 涌蓋山(わいたさん)1500m、みそこぶし山1296m 1999/04/03

登山初心者向けおすすめ 大分涌蓋山

【期間】

1999/4/3

【歩行時間】

4時間20分

【場所】

大分県 涌蓋山(1500m)・みそこぶし山(1296m) 八丁原ルート
標高差約370m

【天候】

晴時々曇

【人員】

管理人

【装備】

30Lザック、ヘリンボーンパンツ、ダクロン長Tシャツ、ネルシャツ、レインウェア、 帽子、ストック、登山靴、手袋、デジカメ(Ni-H2乾電池)、紅茶0.5L、双眼鏡、ナイフ、コンパス、 高度計、コッヘル、ストーブ、非常セット、水0.8L、カップラーメン1、ヘッドランプ、ツェルト、 インナーグローブ、オーバーグローブ

【行程】

近くまでは良く来ていながら登っていなかった涌蓋山に行くことにする。


04/03 04:30 | 自宅発
06:10 | 八丁原着(1番のり)
06:20 | 入山
06:33 | 分岐点
07:35 | 涌蓋越
08:00 | 女岳
08:10 | 涌蓋山山頂 〜8:50
09:45 | みそこぶし山山頂 〜9:55
10:40 | 八丁原着 12:40 | 自宅着


地図 ( 大 )



アプローチ途中で見上げる涌蓋山山頂はガスの中でまったく見えない。
温泉街と発電所横を車で通り過ぎて、人工スキー場近くの道路脇に駐車する。

ガスが濃いため方向感に乏しく、方角を確認して入山する。


涌蓋越までは草原状であり、風は強くないが、遮るものがないため結構寒い。
周辺は霜が降りて真っ白だ。
急登は全くない。

3つ目くらいのピーク近くできつねに会った。
登山道をこちらにやってくるが、50mくらいまで近寄ってきたところで咳払いをして気づかせた。
こちらをじっと見ているので無視して近づくと、脇にそれていった。大きなしっぽ。

このあたりの稜線がもっとも寒い。暖かければかなりのんびりできそう。
一目山・みそこぶし山は後回しにする。


大分涌蓋山 涌蓋越から女岳までは、地形図上ではそれほどでもないが、もっとも勾配がきつい。
ふと見上げる涌蓋山山頂は以前ガスの中、女岳もときどきかすむ。


大分涌蓋山

登りきったところが女岳だ。ミヤマキリシマに霜が樹氷状に付着している。

しばし休んで、涌蓋山に向かう。


大分涌蓋山 やや痩せた尾根をたどった後ガレ場を乗り越せば涌蓋山山頂だ。
1グループ2人がすでにいた。

山頂はガスの中で下界はまったく見えず、周辺の山々も見えない。
すこし降りるとガスが切れてだいぶ見えるようになる。

久住もガスの中、猟師山はときどき晴れる、由布岳の裾野のみ見えた?
久住はうっすら白いが霧氷だろうか?

大分涌蓋山


大分涌蓋山 山頂を後にし、往路をたどってみそこぶし山へ向かう。

大分涌蓋山 山腹から見下ろす発電所の煙が、くじゅうのたおやかさとあまりに非対称で、痛々しく感じる。


みそこぶし山山頂はガスがかかっておらず、見晴らしが良い。
遠くに2グループ4人が登ってくるのが見える。暖かければ昼寝できそうなくらいだ。
涌蓋山方向を見上げると山頂が晴れてきていた、なんてこった。2人居るのが見える。


本日の登山道は多くが牧草地で、やや方向感に乏しい。
ガスが濃い時はやや注意が必要かもしれない。

涌蓋山麓(涌蓋越し)までがとにかく遠い。涌蓋山が目的ならば北側ルートがよい。
森が少ないため、風が強いときはやや寒い。

PR Copyright 2006 © 登山初心者向けおすすめ