登山初心者向けおすすめ - 九州 - 国見山

トップ > 九州地区 > 国見山

長崎県 国見山(くにみやま) 777m 2000/05/20

登山初心者向けおすすめ 長崎県国見山

【期間】

2000/05/20(土)

【歩行時間】

2時間20分

【場所】

長崎県 国見山(777m) 栗木峠ルート
標高差約177m

【天候】

【人員】

管理人

【装備】

30Lザック、チノパン、QDポロシャツ、レインウェア、帽子、ストック、登山靴、手袋、デジカメ(リチウム乾電池)、 紅茶0.5L、双眼鏡、ナイフ、シルバコンパス、高度計、コッヘル、ストーブ、オーバーグローブ、非常セット、無線機、水0.8L、カップラーメン1、予備食、 ヘッドランプ、着替えセット

【行程】

先月の腰痛がまだ完全ではないため、標高低く以前から来たかった国見山777m に行く。
本日は気分的に雨を期待していたが、どちらかというと晴れている。
もちろん、山頂の777表示を期待している。


05/20
05:55 | 自宅発
07:50 | 溜池脇に路駐
08:05 | 入山
08:10 | 栗木峠着
08:39 | 林道終点広場
08:52 | 林道終点広場発
09:00 | 山頂着
09:50 | 山頂発
10:32 | 溜池脇着
12:30 | 自宅着


地図 ( 大 )



雨の中を歩きたいと思っていたが、結構天気よさそうだ。
今日は朝早くないため車が多く走っている。鳥栖インターから長崎道を使った。


武雄南から西九州道になり料金は前払い(\300くらい)になる。
この300円では波佐見有田まで1区間しか行けず、次の三河内で200円の追加を要求される。
三河内からは一般道の予定だ。


R202を北上した山谷集落より西進し、R498に乗るがしばらくで料金所(国見トンネル\310) がありまたもや追加料金だ。
帰りに分かったが、この料金所20m手前を右折でき、これがR498旧道である。
この道であれば無料であり、道幅狭いものの難なくパンダは通れる。


長崎国見山

麓から見た国見山方面は、非常に切り立っており777mとは思えない。
山頂に近づくに従って傾斜が急なようだ。
この傾斜にR498はつけられているため、展望・高度感ともにすばらしい。

R498トンネルを抜けてしばらくの信号を右折すれば、R498旧道に入れる。ここから溜池まではすぐだ。


溜池付近に駐車場は見当たらないが、3差路の分岐道脇に路駐とする。
腰部をストレッチして歩き始める。


溜池から栗木峠まではR498旧道を歩いて行く。
栗木峠には5台程度の駐車スペースあり、こちらの方が駐車するのに良かったか?
また水場もありたくさんの人が入れ替わり水を汲みにきていた。


水場脇から登山道に入る。

登山道は比較的道幅広くはっきりしているが、余り歩かれていないのか、落ち葉が多量で あり、まさにふかふか絨毯状態だ。
登山道はすべて自然林の中を通っている。
何度も林道をかすめて、しばらく歩くと林道終点広場につく。
しばし休憩している内にアクシデント、大キジ。


ここから木段をひとのぼりで山頂につく。


山頂は細長いがかなり広いので大勢の人がきていても十分なスペースだ。
平頂なのでテントも張れ、芝が快適そうだ。周りは林に囲まれており風除けにもなる、その分展望は効かない。

しかし、山頂の展望台に登れば全く異なり、周囲360°視界をさえぎるものは全くなくなる。
今日はかなり霞がかかっており、遠くは見通せない。
北面にわずかに見える海は伊万里港か。
木々の多くが芽吹いており、花粉症の人にとっては地獄かもしれない。


長崎国見山 これほどの展望を持っている割には山頂はとてもきれいで、ほとんどごみを見かけない。
やっぱりあまり登られていないのか?
山頂の777m標識を期待したが、山頂碑にも標高は彫られていなかった。
(説明板には776.64mとあったが、さすがに写真を取る気はしなかった)


豊かな自然林・広くてきれいな山頂・すばらしい展望とそろっているが、なぜあまり踏まれていないのだろう?
登山というには少し距離が短すぎるが、ハイキングには最高だった。

PR Copyright 2006 © 登山初心者向けおすすめ