登山初心者向けおすすめ - 九州 - 韓国岳

トップ > 九州地区 > 韓国岳

宮崎県 韓国岳(からくにだけ)1700m 1999/07/23

登山初心者向けおすすめ 宮崎韓国岳

【期間】

1999/7/23(金)

【歩行時間】

3時間10分

【場所】

宮崎県 韓国岳(1700m) えびの高原ルート
標高差約500m
韓国岳周辺の宿泊

【天候】

曇のち晴

【人員】

管理人

【装備】

30Lザック、WICポロシャツ、レインウェア、帽子、ストック、登山靴、手袋、 デジカメ(Ni-H2乾電池)、紅茶0.5L、双眼鏡、ナイフ、コンパス、高度計、コッヘル、ストーブ、 非常セット、無線機、水0.8L、カップラーメン1、予備食、ヘッドランプ、ツェルト

【行程】

会社が夏休みで平日の休みのため、1泊で遠出。
今日は韓国岳の後、御池キャンプ場で天幕とする。
来る途中、熊本までは豪雨で心配したが、南九州は雨は降っていないらしい。


07/23
05:20 | 自宅発
08:10 | 小林IC
08:40 | 韓国岳登山口
09:00 | 入山
10:07 | 韓国岳山頂着
11:15 | 山頂発
12:10 | 登山口着
13:15 | 御池キャンプ場着
21:30 | 就寝

地図 ( 大 )




山域にある赤松千本は、下枝のないものはバオバブの様で奇怪だ。
本日は平日のためか登山者少なく、駐車場も4〜5台しか止まっていない。


硫黄山の臭気はそれほどでないが、韓国岳山腹より見ると真っ白だ。
このあたりはハイキングコースがあちこち通っている。


韓国岳は7合目あたりまで木段がえんえん続き、結構暑い。
偶然数グループが重なって登りはじめたらしく、4グループほどゴボウ抜きする。
下山してくるのも4グループほどやってきた。


宮崎韓国岳御鉢 8合目あたりからは御鉢のそばを通っているが、御鉢側は断崖絶壁(というよりオーバー ハング)になっており、不用意に近づくと危険。
ガスが濃く、全貌はわからない。

大浪池側は全く見通せない。


山頂には誰もいなかった。
山頂標識がなくなっており、しばらく山頂を探すことになったorz
三角点は無事だった。


西面大浪池側はガスで真っ白だったが、不意にガスが切れて大浪池が姿を現す。
演劇舞台のような見事な現れかただ。あわててカメラを取り出し、シャッターを切る。 宮崎韓国岳大浪池


新燃岳方面も一瞬ガスが切れたが、山頂は望めない。

去りがたい気持ちを抱きつつ、ゆっくりして下山した。


高千穂河原野営場はまあ良さそうだった。

御池キャンプ場は、14:00〜のためしばらくうろついて時間を過ごす。
池のすぐ横の芝地に天幕しぼーっとしていると、3家族ほどやってきた。
テントの連中は静かなものだが、バンガローの連中はうるさい。釣り人が多かった。
蚊はなぜかまったくいなかったので、空いているときならAAランクだろう。
このころには完全に晴れており、日焼け部分が痛い。
夜も蒸し暑いことはなく、テントに入った途端に眠ってしまった。
ダウンのシュラフには入らずに、抱いていれば十分だった。


本日の豪雨で、死者1名・長崎は避難勧告があったらしい。

PR Copyright 2006 © 登山初心者向けおすすめ