登山初心者向けおすすめ - 九州 - 英彦山

トップ > 九州地区 > 英彦山

福岡県 英彦山(ひこさん)1200m 1999/07/11

登山初心者向けおすすめ 福岡英彦山

【期間】

1999/7/11(日)

【歩行時間】

3時間25分

【場所】

福岡県 英彦山(1200m) 高住神社ルート
標高差約400m

【天候】

曇のち雨

【人員】

管理人

【装備】

30Lザック、WICポロシャツ、レインウェア、帽子、ストック、登山靴、手袋、 デジカメ(Ni-H2乾電池)、紅茶0.5L、双眼鏡、ナイフ、コンパス、高度計、コッヘル、ストーブ、 非常セット、無線機、水0.8L、カップラーメン1、予備食、ヘッドランプ、ツェルト

【行程】

最近息が切れるような登りをしていないので、英彦山に行く。


07/11
05:15 | 自宅発
06:30 | 高住神社着
06:45 | 入山
07:17 | 一本杉〜07:25
07:35 | 北岳
07:55 | 中岳山頂〜09:15
09:33 | 北岳
10:10 | 高住神社
12:00 | 自宅


地図 ( 大 )



今日は望雲台をパスして直接山頂を目指す。
天気良くないためか、登りでは汗が噴き出るという状態ではなかった(暑いには暑いが)。

福岡英彦山 一本杉で休憩中雨がぱらつくが、すぐに止んだ。
北岳に一人すでに来ていた。
いつものことだが、野鳥がうるさいくらいだ。


中岳には誰もいなかったが、すぐにやってくる。
今日はガスで遠くは見えない。くじゅうはまったく確認できないが、遥か遠くに見えるのは祖母山か?

昼飯を食べ終えると、天気怪しくなってきたため下山する。


下山時も、相変わらずたくさん登ってくる。
北岳手前で雨が降ってきたためレインウェアを着込む。北岳で若手スニーカーに抜かれる。

湿度が高くなったせいか一気に汗が出てくる。
先ほどの若手スニーカーは一本杉手前の岩場でてこずっているようだ。
暑いので結局レインウェアは脱いでしまう。
山腹はいっきにガスがかかった。傘を差して登ってくる一行もいる。


雨で岩がぬれると、降りるのはけっこう恐い。一歩一歩慎重に足場を探すが余計な筋力を使っているためか、足にだるさを感じる。
一度出た汗はまったく引かない。


高住神社まで来ても、追い抜いた若手スニーカーがなかなか来ない。
岩場でてこずっていたようなので、少し心配になる。


若手スニーカーは約5分遅れで下山してきた。サイクリストだった。

神社の改装工事はかなり進んでいた。

PR Copyright 2006 © 登山初心者向けおすすめ