登山初心者向けおすすめ - 九州 - 福万山

トップ > 九州地区 > 福万山

大分県 福万山(ふくまやま) 1236m 2000/04/02

登山初心者向けおすすめ 大分県福万山

【期間】

2000/04/02(日)

【歩行時間】

2時間40分

【場所】

大分県 福万山(1236m) スポーツセンタールート
標高差約600m

【天候】

【人員】

管理人

【装備】

30Lザック、チノパン、ネルシャツ、半袖ダクロンTシャツ、アルパインパーカ、帽子、 ストック、登山靴、手袋、デジカメ(リチウム乾電池)、アイゼン、紅茶0.5L、双眼鏡、ナイフ、シルバコンパス、 高度計、コッヘル、ストーブ、オーバーグローブ、非常セット、無線機、水0.8L、カップラーメン1、予備食、 ヘッドランプ、着替えセット、ネックゲータ

【行程】

久しぶりの山で、福万山に行く。
昨年近くに来た時はスポーツセンター前を工事していたが、もう終わっているだろう。
天気良いとの予報であったが曇天で風も結構ある。
由布山頂はわずかに雲をたなびいている。
本日は、スキー用に購入したアルパインパーカとリチウム電池を投入した。
まだ4月に入ったばかりのため、いつ冬の気候に戻るかしれない。


04/02
05:30 | 自宅発
07:00 | スポーツセンター前着
07:10 | 入山
07:36 | 変電設備前着
08:32 | 山頂着
08:42 | 山頂発
09:48 | スポーツセンター前着
11:30 | 自宅着


地図 ( 大 )



スポーツセンター前はまだ工事をしていた。
昨年来たときより大幅に道路を造成しており、今後は全く雰囲気が変わり、多くの別荘が作られると思う。

駐車は変電設備前にしたほうが良いだろう。
ゴルフ場横の道を通り過ぎで1本目のわき道に入ったところ。わずかに道の悪いところがあった。


大分福万山 本日は曇天で風もあるためか、鳥たちもほとんどなかない。
山麓は牧草地と杉植林地であまり特徴あるとはいえない。

1時間ほど上ると東に向きを変えて稜線を登る。稜線の最初のみ急登と言えるだろう。
樹林がわずかでもあると風をしのげるが、木がなくなるともろに風を受ける。体ごと吹き飛ばされそうだ。
こんな日に限ってキャップチンチを忘れている。
すこし不安を感じるが、危険個所はなさそうであるため山頂を目指す。


最初のピークに到達すれば後はわずかなアップダウンがあるだけだ。
風は依然として強く、15mくらいか? すこしでも稜線を下がれば風はしのげれる。

大分福万山 眼下にゴルフ場が広がっており、由布・鶴見・くじゅう・湧蓋が展望できる。
北面の凹凸の激しい山は英彦山か?
由布山頂はすでに雲の中であり、その雲の流れがはっきりと確認できる。
今日、由布に行っていたら山頂まで行けなかったに違いない。


大分福万山 風が強いため早々に山頂を退散する。
下山路は、往路を引き返すか、予定通り近道をするか迷ったが、どちらも風を受けている ようなので予定通り近道をする。

帽子が飛ばされそうなので、手で抑えて下る。
パーカのフードをかぶるととても按配が良い。レインウェアのフードではこうはいかなかったかもしれない。


100mほど下るとわずかに樹林帯となり、風の影響は全くなくなった。

飯も食わずに降りてきたのははじめてと思う。

PR Copyright 2006 © 登山初心者向けおすすめ