登山初心者向けおすすめ - 近畿 - 箕作山

トップ > 近畿地区 > 箕作山

滋賀県 箕作山(みつくりやま) 373m 2006/06/05

登山初心者向けおすすめ 滋賀県箕作山

【期間】

2006/06/05(月)

【行動時間】

3時間35分

【場所】

滋賀県 箕作山(373m) 十三仏コース
標高差約270m
箕作山周辺の宿泊

【天候】

【人員】

管理人

【装備】

28Lザック、コンバーチブルパンツ、半袖ポロシャツ、レインウェア、麻帽子、ストック、登山靴、手袋、デジカメ(Li乾電池)、お茶0.5L、双眼鏡、ナイフ、コンパス、コッヘル、ストーブ、非常セット、水0.8L、カップラーメン1、予備食、ヘッドランプ、スパッツ、オーバーグローブ

【行程】

太郎坊山の縦走路を通ったことがなかったため、十三仏側から入山し太郎坊側に下山する。


06/05
08:45 | 市辺駅
09:28 | 十三仏入口
10:00 | 岩戸山山頂
10:22 | 小脇山山頂
10:49 | 箕作山山頂
11:10 | 赤神山山頂
11:40 | 太郎坊宮
12:20 | 八日市駅


地図 ( 大 )




本日は平日であるため、近江鉄道車内にはビジネスマン、学生等が多く乗車している。
市辺駅で下車し、近江鉄道ではめずらしい有人改札口で切符を渡して舟岡山方面へ歩く。


R421を渡り阿賀神社内を通ると、舟岡山遊歩道の入口がある。
途中に展望台が設置されているが、あまり展望は利かない。

遊歩道を抜け、さらに農道を通って十三仏登山口を目指す。


農道にも一部道標があるが、私の地形図が古いのか貯水池が表記されておらず、誤った道を進みそうになる。

すかさず地元の人が、ずっと遠くのほうから「違う違う」と大声で教えてくれる。


私は取り付き点をよく間違えるのであるが、そのたびにナゼか地元の人が教えてくれる。

帽子を取って感謝を表し、教えられた道を進む。


しばらく進むと登山口(十三仏入口)の道標に出合う。中には10台程度駐車できそうなスペースと休憩舎、トイレがある。

滋賀県箕作山十三仏登山口 滋賀県岩戸山十三仏標 登山初心者向けおすすめ


竹林の中を行くが、十字路を左折してからはすぐに石段になる。

このあとは岩戸山山頂直下までずっと石段である。


あちこちに石仏様が鎮座されており、平日にもかかわらず参拝している人もいる。


滋賀県岩戸山十三仏標 石段を登りつめて神社に出合うと、兜岩を乗り越すために左へ進む。
神社の境内からは西面へ展望が良い。

境内脇を通り過ぎるとやや急な登りとなる。兜岩の上からも西面へ展望が得られる。


さらに登ると岩戸山山頂への三叉路となり、ひとまず山頂を目指す。


滋賀県岩戸山山頂 すぐに紅白の布が巻かれた岩が露出する山頂である。
あまり広くはないが、北西面から南西面へ展望が良い。


しばし休憩して三叉路まで戻り、小脇山を目指す。


ここからは登山道の様相となるが、6月ともなると下草や樹木の枝が伸び広がり、鬱蒼としている。

しかも本日は誰も入山していないらしく、クモの巣だらけである。
手持ちのストックでクモの巣を払いながら歩くが、それでも腕や顔にまとわりつく。クモの巣を払うために入山しているようなものである。


いったん鞍部へ下って登り返すとすぐに小脇山である。

樹木の間からわずかに太郎坊山が見える。


滋賀県箕作山山頂 さらに進んで、アップダウンを何度か繰り返すと箕作山である。
こちらは山頂が樹木に囲われ展望は利かない。

ふとストックを見ると、多量のクモの巣で一部白っぽくなっている。
クモの巣から逃れるように赤神山(太郎坊山)を目指す。


箕作山からいったん下って、道標のある地点から南進すると道幅が広がり、クモの巣が激減する。やっと人心地である。

瓦屋寺への道を分けてさらに南進すると、赤神山と太郎坊宮への三叉路である。
赤神山への道を取り、急登するとすぐに岩だらけの山頂である。


滋賀県太郎坊山山頂から 東〜南〜西面への大展望である。
西面には、今歩いてきた岩戸山〜小脇山〜箕作山への縦走路が確認できる。
すぐ南には太郎坊宮上部の南峰が見えるが、そちらは信仰対象のため登ることはできない。

クマバチとミツバチが忙しそうに飛び回っている。
しばし休憩して太郎坊宮へ向かう。


いったん三叉路まで下った後、太郎坊宮への道を取る。

緩やかに下っていくと、南峰直下の露岩基部を通って太郎坊宮の男坂の一角に出合う。

すぐ上に夫婦岩があるため、石段を登る。

夫婦岩の間を通ると、展望台である。
展望台からは南面の町並みが一望である。

女坂側から参集殿まで下って、一休みする。

滋賀県太郎坊山麓から 参集殿からは、東側の林道を通って延命公園側へ抜ける道と、参拝道を直接下って大鳥居側へ抜ける道とがあるが、林道歩きを嫌って大鳥居側へ下る。


大鳥居からは、そのまま南進して太郎坊宮前駅へ向かうか、東進して八日市駅へ向かうかであるが、八日市駅の方が電車の本数は多いため八日市駅へ向かう。



本日はクモの巣にまみれた山行であった。
岩戸山と赤神山はそれぞれ道も良く楽しめるが、岩戸山〜箕作山縦走路はこの時期は不快なだけである。


PR Copyright 2006 © 登山初心者向けおすすめ